2007年11月

2007年11月 に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前回はあまりにもひどい写真のUPだったので、改めて取り直してみました(^^A.
DSC01711-1.jpg

っといっても・・・・腐ったデジカメと常に手振れな私の組み合わせなので、よく見たらブレてるのは秘密です(笑

写真に写っている水草はグリーンロタラなんですが、稚魚から見ると、とんでもない大木なんでしょうね。茎がやたら太く感じます(^^A。
しかし、稚魚のほうは誕生何日目なんでしょ?気づいたら生まれてたって感じなんでサッパリです(?_?)。生まれた直前はあるお腹の栄養袋が無いし、これだけ色が出てる所を見ると結構たってるんですかねぇ。餌も何食べてるのやら・・・水槽内にミジンコ居るみたいだし、そういうの捕まえてるんかなぁ。初めての事は分からないことだらけです。

とりあえずは、無事に育ってくれ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
ぽちぽちっと押してくれるとありがたいです^^
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ども、珍しく二日続けての更新です(苦笑。

昨日の文の中で、
「窒素肥料由来の窒素が、NO3の測定結果に影響を与えるか?」
という点に疑問があったので、本日早速実験してみました。

今回影響を測定したのは、我が家で液肥として用いている
・HAHYPONEX High Greade 観葉植物用 7-4-4
・HAHYPONEX High Greade 活力液(Fe、その他微量要素)

の2種類です。
これらの原液を
10倍希釈、100倍希釈、1000倍希釈、10000倍希釈
した溶液を準備しました。

水質の測定には、昨日紹介した
・テトラ テスト 5 in 1
を用いました。
検査項目および測定範囲はテトラテストの性能に従い、
pH : 6.4~8.4
KH : 0~20°dH
GH : 3~16°dH
NO2¯ : 0~10mg/L
NO3¯ : 0~250mg/L
となっております。

そして、測定結果がこちら↓
HYPONEX.jpg


結論としては、
「窒素肥料の施肥は、試験紙によるNO3濃度測定に影響を与える」
っと、いうものでした。

ふむ。窒素肥料を施肥している場合、NO3の値が高かったといって餌由来の硝酸塩が蓄積しているっというわけではないのですね。
逆に言えば、窒素肥料の与えすぎを間接的に見ることが出来る・・・・のかな?w
調べた結果、窒素肥料にはアンモニア態窒素(NH4+)と硝酸態窒素(NO3-)の形で窒素が含まれており、これらが硝酸塩になることで植物に吸収されるっぽいです(間違ってたらすまん)。
だから、硝酸塩(NO3)の濃度検査を行うことで、直接的に窒素肥料の過不足を確認できるのだと思います。


つまり、硝酸塩がある程度検出できる状態なら窒素肥料はいらないし、水草が多かったり水換えが頻繁だったりと硝酸塩が0に近づいたら窒素不足になると考え、その時に窒素肥料を使用するのが良いと思います。

とりあえず疑問解決ですっきりしました。

※pHが一部ずれているのは、試験紙なので性能の限界なんでしょう。あと、KHが高いのは知識不足で考察しかねます。


---------------------------------------
改定(08.02.24)
水質で言われている硝酸塩=NO3であり、肥料などに書いてある硝酸態窒素=NO3でありました。同じものです。何勘違いしてるんだ、俺(==)。
とわいえ、結論は変わりません。窒素不足の症状が植物に見られた場合(下葉の黄色化など)、硝酸塩濃度を測定してみてください。光不足でも同じような症状がでますが、原因が窒素不足であるかどうかの判断は出来ると思います。(それには、調子がいいときの硝酸塩濃度を把握しておく必要がありますが・・)

今回調べた肥料にはアンモニア態窒素(NH4+)が入っており、これが直接硝酸塩(NO3)濃度測定のkitの結果に影響するかどうかはわかりません。しかし、アンモニア態窒素も硝酸態窒素も即効性の窒素肥料なので、濃度を考えて、適量使用をお勧めします。
個人的には、水溶性の窒素を強く要求する水草がある場合、(グリーンロタラやリシアなど)硝酸塩濃度50mg/L位で良いんじゃないかなぁ~って感じです。逆に、肥料の要求が少ないナナやウィローモス、シダ系ばかりの水槽の場合、もっと少なくて良いと思います。

---------------------------------------
あと、もうひとつでかい報告!!
チェリーバルブの稚魚発見であります!!!!

我が家の腐ったデジカメでは稚魚を撮影するのはかなり無理がありましたが、いちを写真をUP
DSC01701.jpg

さらに拡大↓
DSC01701-2.jpg

んーーーーアップした本人が言うのもなんですが、見てもわかりませんね(^^A"""""""""
肉眼で見る限り、チェリーバルブのメス♀のようです。一匹しか見当たりませんでしたが、我が家では初の稚魚誕生です♪今後、無事育ってくれるかわかりませんが、うれしい限り(*^^*)。

テンション上がったので、今日はいつもと違うアングルで水槽写真もアップ(意味不明w)
DSC01703.jpg

以上、今回は盛りだくさんでお送りしました。
でわまた(^^)ノシ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
ぽちぽちっと押してくれるとありがたいです^^

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ざっと一月ぶりの更新^^A。
朝夜寒い季節ですが、お元気でしょうか?
私は先週末、私用で東京に行ったとき風邪をもらい、今日まで死んでましたよ(=ω=.)

さて、さっそく一月の間に微妙に変化した我が家の水槽をUP!
071115.jpg

いかがでしょう?
赤い水草(有茎種:名前忘れたorz)ってやつを入れてみたの、お気づきでしょうか??
素人さんにご意見を聞いたところ、「赤いの入ったら、熱帯魚!って感じがアップしたね」とのこと。



あと、最近水質の試験紙の
「テトラ テスト 5in1」
img_treatment08_01_01.jpg

を買って、水質チェックしてみました。
これは
pH : 魚の種類によって適正なpH値が異なります。(測定範囲 : 6.4~8.4)
KH : 炭酸水素イオンの量に対応して変化し、水のpHに関与します。(測定範囲 : 0~20°dH)
GH : 総硬度は水中のカルシウム塩とマグネシウム塩の量で変化します。
NO2¯ : 亜硝酸塩濃度が高いと魚が中毒死します。(測定範囲 : 0~10mg/L)
NO3¯ : 硝酸塩量が多いとコケが発生しやすくなります。(測定範囲 : 0~250mg/L)

を、一枚の試験紙で調べられるってものです。
今までpHは測ってましたが、その他はまったく測ったこと無かったので^^A。

そして結果がこちら
●水換えに使用している水(井戸水由来)
pH: 6.8
KH: 3°dH
GH: 3°dH
NO2: 0mg/L
NO3: 0mg/L

●水槽
pH: 6.4以下
KH: 3°dH
GH: 3~6°dH
NO2: 0mg/L
NO3: 50mg/L

んーNO3が少々高いです(==)。
肥料の窒素ってどんなイオン状態で存在するかわからないので、何ともいえないのですが。(肥料由来の窒素って直接NO3の濃度結果に影響するんでしょうか??)

とりあえず、肥料の窒素がNO3の濃度を直接底上げするものでわなく、餌由来のNO3が残っていると仮定して・・・・

原因としては、
①水換え怠ってた
②最近窒素肥料やりすぎ、コケが発生したことがある。水換え量を増やして対応したがまだ影響が残っており、結果的にNO3の消費が少なかった。
っというのが、私の考察です。
餌由来のNO3が残ってるってことは、窒素肥料やりすぎなんでしょうね。しばらく窒素肥料の施肥をやめ、KとFe等微量要素の施肥のみにし、今週はいつもより大目の水換え(10L→20L)を行い、様子を見てみます。

やはり、具体的なデータが出ると方針がしっかり見えていいですね。

でわ、また^^

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。