2007年12月

2007年12月 に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前「テトラ5in1」を購入し、ハイポの硝酸塩濃度等を簡易的に測定した私ですが(2007/11/15(木)2007/11/16)、実はその後にNO2(亜硝酸)とNO3(硝酸塩)の濃度をより具体的に調べてみたいと思い、試示薬を買っていました。

ちなみに買ったのは
aquamind laboratoryの
NO2 assay kit(亜硝酸測定試薬キット)
NO3 assay kit(硝酸塩測定キット)
DSC01738.jpg

先月の段階では、テトラのほうで調べた時と同様に、
NO2は見検知。NO3は50mg/lっと、硝酸塩濃度がかなり高い状態であることがわかりました。

その後・・・
週2回、10L or 20L水換え。
フィルター内に活性炭を投入。
施肥を窒素フリーの「ブライティ K」「ハイポ活力液」「メネデール」に限定
DSC01746.jpg
するなどし、最近ではNO3が20mg/l程までに低下しました。
具体的な効果とすると、ガラス面や生長が遅い水草の葉に発生していた緑藻類がかなり減少したことがあげられます。やはり、NO3が50mg→20mgへ変化した影響は大きいようです。


しかし、ここで問題発生!!!
グリーンロタラのドワーフ化と、アメリカンウォータースプライトの黄白色化です(下写真はスプライト)。
DSC01729.jpg

つまり、どちらも典型的な窒素不足の症状。。。。。


あれ?
20mg/Lって、そんな低濃度?????
テトラ5in1についてる説明書には20mg/L以上。aquamind laboratoryの
NO3 assay kitの説明書では50mg/l以上だと高濃度でコケの発生があります・・・って書いてあるけど、20mg/Lで欠乏症が出るのはどうよ??
(今まで測定してなかったから、知らなかったけど・・・・)

前回も書きましたが、餌由来も肥料由来も、植物が窒素を吸収するときはNO3の形なので、単純に窒素が足りてない。えぇ、足りてないらしいです。
立ち上げて2年近くたつ水槽なんで、底砂のソイルの栄養はなくなってるんでしょうが・・・・その影響???

参考になるかわからないけど、世界の河川の窒素と燐酸濃度はこんな感じらしい↓
npk_um.jpg

アマゾン川とか色々あるけど、自然状態の河川ではおよそ10μM=0.01mg/Lって所でしょうか(計算あってる?)。CO2もそうですが、自然界では色々低濃度でOKなんで、水槽内と自然環境はかなり違うのは当然ですがね~。

まぁそれは良いんですが、とにかく現状として水槽内の水溶窒素が足りてない。この現状は間違いないわけで・・・・どうしたものか。
ま~えに同じような現象が起き時は窒素入れたら改善されたし、今回も窒素入りのハイポ入れるかなぁ。でも、どれ位の濃度まであげよう(==)



そこで!数少ないブログ見てくれている方々に相談です!!!

水草水槽を維持している方の硝酸塩濃度を教えて下さいm(__)m
皆さんどれくらいなんでしょうか??


反応あるといいなぁ・・・・・(==)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
読んだついでに、ポチポチっと押してくれるとうれしいです^^
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ども。
先月いつの間にか生まれたチェリーバルブの稚魚(♀)は、無事成長してくれているようです^^。

そんな彼女の成長が垣間見えた写真をひとつ
DSC01719-1.jpg

初めて赤虫を食べた時の姿をGET!なのです。
今まで稚魚のことを(やや)考え、稚魚発見からの餌はフレークのみ与えていたのですが、今日は赤虫を初投入!
稚魚は食べれないかな~っと思ってみていると・・・・

「ぱくっ」

お~何か普通に食いついたw
もう赤虫食べれるまでに成長してるんですね~

最近は水草の森から顔を出す頻度も高くなってきたし、もうじき大人の魚社会にデビューするんでしょうかねぇ。。

とりあえず、見守っている今日この頃なのでした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
ぽちぽちっと押してくれるとありがたいです^^

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。