モスとクリプト追加しました

モスとクリプト追加しました に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ども。
暖冬の影響で里芋が売れないらしく、生産調整(出荷量調整?)で土曜なのに休みの私です。皆様、暖かい冬でも煮物食べてくださいね(^^)b。とわいえ、2連休って素晴らしい(笑)。


さて、本日チャーム様で注文した水草が届いたので植え込んでみました。
購入したのは2種。
モスsp(国産)バラ Sサイズ
クリプトコリネ ウェンティー グリーン

です。

モスsp(国産)は、「国産の苔」ってだけで他の情報が無く、何者?っと前々から思っていた一品です。育ち方がわからないので、とりあえず日当たりが良い流木に巻きつけてみました。
DSC03024.jpg DSC03021.jpg

写真だとわかりづらいですが、見た感じリシア(カヅノゴケ Riccia fluitans)っぽい葉姿をしています。リシアよりやや細身の葉かな?って感じ。とわいえモスsp(国産)はリシアと違って沈むので、リシアより使い勝手はよさそうです。どんな姿に育つやら(* ̄∇ ̄*)。

次はクリプトコリネ ウェンティー グリーンについて。
何と言うか、紹介する必要がないくらいメジャーなクリプトですよね(^^A。cheepappa 様のブログに載ってた写真が綺麗だったので、思わず買ってしまいました(笑。思ったより多くの株数が入ってたので、いろんなところに植えてみましたよ。
DSC03006.jpg DSC03009.jpg
今は鮮やかなライトグリーン色でやわらかい感じの葉をしていますが、私の水槽ではどのような葉になるのやら・・・・これから一度葉が溶けるでしょうから、その後の展開が楽しみです。



あと、水槽の仕様変更のお知らせ。
1、CO2添加量を増量
最近ショートヘアーグラス(カヤツリグサ)の生長が悪いような気がするので、CO2添加量を2~3秒一滴をから、1~2秒一滴に変更しました。CO2添加量が過剰になると「ジャレコCO2ミキサー 改」の中でCO2が溶けきれず溜まってしまうので、しばらく様子を見ながら再度調節するかもしれません。

2、排水口の仕様変更
以前、自作リリーパイプもどきの紹介をしましたが、掃除がめんどうなのでより簡素なつくりに変更しました。とわいえ、掃除用ホースの口の部分を取っただけなんですけど・・・。
DSC03025.jpg
これで排水の流量は強くなりますが、簡単管理を優先してしまいました。尚、流量が強くても排水口&水流が強く当たる部分での黒髭藻発生を防げば、水槽全体の黒髭藻爆増を防げると判断した結果です。

3、濾材変更
エーハイム500の濾材を一部変更しました。
変更前:リング濾材S →エーハイム サブストラット →活性炭
変更後:リング濾材S →エーハイム サブストラット →エーハイム 粗目フィルターパッド → 厚手タイプ Gel Mat
濾材の最後にパット系を持ってくると、ポンプを止めて再始動したときに出てくるゴミをキャッチしてくれるので導入しました。また、Gel Matはチャームで一時ブーム(?)になった濾材なので、これを機に導入してみました。個人的な見解では濾材なんてなんでも有り・・・なんですが、まぁ何となく欲しかったので買った感じですゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ。

4、納豆菌を再度投入

濾過槽をいじるついでに、納豆菌を濾材に埴菌しました。埴菌といっても、今回も納豆を何度も水洗いして、その洗浄水を濾過槽に混ぜただけですけどね。入れた理由が、冷蔵庫に賞味期限切れの納豆がたまたまあったから、というのは秘密。
納豆菌の様々な有効性を謳う商品が売られていますが、個人的には①有機物の分解 ②亜硝酸の硝酸化、この2点の効果を期待して導入しています。また、農業などで利用されている技術で、先に納豆菌を葉面に増殖させておくと病原菌の付着を阻害することが知られているので、その点も微妙に期待しつつ。。。って感じです。とわいえ、入れる納豆洗浄液の量にもよるのでしょうが、半日ほど水槽が白く濁るので真似する人は自己責任でやってくださいね(^▽^;)。

5、毎日水換え&ハイポ大作戦
試験的に、毎日20Lの水替えをしてます。今日で継続1週間。今後もしばらく続けていく予定です。以前、毎日水換えをしたときに窒素欠乏や鉄欠乏の症状が出たので、今回は肥料も追加してます。使用している肥料は
ブライティKハイポネックス ハイグレード 観葉植物(7-4-4)
使用量は、20Lの水換えに対して
ブライティKの添加量は5~10ml。
ハイポネックス ハイグレード 観葉植物(7-4-4)1ml。

添加してます。

水替えをしないでハイポだけを水槽に入れると藻が出ましたが、水換えの水に含ませて与えると藻の極端な発生は見られませんでした。どういうことか、ちょっと計算してみます。

ハイポ観葉植物(7-4-4) は全量で205g/180mLと記載されています。よって、1mlの重量は1.13g。この中に窒素が7%含まれているので、窒素濃度は約0.08g/mlということがわかります。このことから、水換え20Lの中にハイポ観葉植物(7-4-4)を1ml入れたときの窒素濃度
約0.08g/20L = 0.004g/L = 4mg/L

---------------------------------
※注意
ハイポ観葉植物(7-4-4)に含まれる窒素はアンモニア性と硝酸性窒素などが混在しています。
窒素濃度(7%)=アンモニア性窒素(2.35%)+硝酸性窒素(2,15%)+未表記
よって、アンモニアが硝酸になる間に目減りすることを考えると、全窒素が硝酸になったときの実数値は、もう少し低い値になると思われます。
---------------------------------

一般的な水槽において、窒素のほぼ全量がNO3として存在していると仮定すると、水槽における窒素濃度は25mg/L辺り。となると、4mg/L程度の窒素を含む水で水替えをしても藻が生えないのは道理なようです。

さらに具体的に書くとこんな感じでしょうか。。。
100L水槽(NO3濃度≒窒素濃度 25mg/L) から20L取り出す。
これにハイポ観葉植物(7-4-4)を1mlを含む20L(窒素濃度 4mg/L)で水替えを行うと・・・
水換え後の水槽の窒素濃度は20.8mg/L。
お~減ってる減ってる。計算してみるとスッキリしますね。実にわかりやすい。ん?わかりやすいですよね??

無肥料の水で水換えを頻繁に行う場合、必須多量元素(或いは必須微量元素)が欠乏してしまうことがあるようです。よって、このように有る程度養分を含んだ水を使って水替えをしてやることで、欠乏症になるリスクがかなり減るのではないかと考えます。
無論水換えの頻度が低い場合、水槽内は養分過剰になりがちだと思われます。その場合、今回のような肥料を含んだ水を使用することが適切かどうかはわかりません。濃度や肥料の種類を変えるなど、各々の環境に応じて施肥されると良いと思います。個人的には、不足しがちなカリウム(K)系の肥料と、ハイポ活力液 等で必須微量元素を補ってやるといいのかな?とか思います。

今回紹介した「毎日水換え&ハイポ大作戦」は試験的に行っている段階ですので、ハイポの濃度がもっと低濃度が良いか、高濃度が良いかはわかりません。何しろ初めて1週間しかたってませんからね(^^A。とわいえ、適当に参考にしていただけると幸いです。


こんな感じ。
実は、流木とかも追加したりいじったりして、水景がまたしてもガラッっと(?)変わってますが、それは後日紹介することにします。
でわまたー(⌒ー⌒)ノ~~~

ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
いや~、ほんと綺麗な水槽ですね
流木すら全然コケてない
NO3計算の部分、これは大変参考になりました
確かに計算すると良くわかりますね
やっぱ勘じゃぁ~ダメだよなぁ~
ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )当然!
2009/02/07(土) 23:22 | URL | おとと #-[ 編集]
発生してはいるんですよ
>おとと様
生物兵器で発生を最小限に抑えてるだけで、黒髭やアオミドロ等の藻が時々居ますよ。
流木や石の藻は、主にサザエ石巻貝さんが頑張ってくれてます。貝はエビと違って手で運んで集中的に藻を食べさせることが出来るので、使い勝手が激しく良いです★あと、流木は比較的小さいものを重ねて使っているので、黒髭さんが来ても簡単に取り出して木酢処理出来るから管理が楽ですね。

NO3の計算は結構簡単なんで、何か肥料を使うときは計算してみるといいかもですね。私自身しっかり計算するまで、無駄に窒素入りハイポを恐れてましたから(苦笑)。
2009/02/08(日) 00:55 | URL | 浩之 #x9c5GV3o[ 編集]
こんばんは
ウェンティー・グリーンっていっても
ウチのはブラウンのサシが入ってます。
日陰でじっくり育てた方が
グリーンが残って好みの感じになってます。

ハイポネックスの窒素分って
硝酸性窒素なんですか?
アンモニア性窒素が含まれている場合、
濾過細菌が硝化した後の窒素量は
変化が無いのかな?
ん?シロウト考え、いや考え過ぎですか。
2009/02/08(日) 01:28 | URL | cheepappa #SQbl7Cak[ 編集]
もっともな指摘です
>cheepappa 様
その通りです。ハイポに含まれる窒素はアンモニア性と硝酸性窒素どちらも含まれています。お気づきになる点、流石です。
今回計算を簡単にする&窒素量を最大で計算するため、便宜上全窒素を硝酸(NO3)として計算しました。実際はアンモニアが硝化するときに目減りするので、今回示した数値より低い値をしめすと思います。
言葉足らずで申し訳ない。本文を少し改良しておきますねー。
2009/02/08(日) 09:43 | URL | 浩之 #x9c5GV3o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sagawa0312.blog94.fc2.com/tb.php/100-9d1c42cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。