藻を顕微鏡観察してみた

藻を顕微鏡観察してみた に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

題名通り、水槽に生えている藻を顕微鏡観察してみました。

我が家には900倍まで見れる顕微鏡があったんですが、カバーガラスが無くてずっと使ってなかったんですよね・・・んで、本日カバーガラスを買ってきて見てみたわけです。


んで、観察するわけですが、単眼の顕微鏡なんで長時間見続けるのは無理(><)
本日は黒髭を中心に観察を行いました。


そして、その結果・・・・思いもよらない事実が発覚!したので、ご報告いたします。


黒髭を何株(?)かそぎ落とし、観察したところ・・・

なんと・・・

黒髭藻が複数の藻の集合体だったんです(ぇ


これらの写真を見てください。
これらは黒髭藻とよばれる髭状の藻の中に居た藻たちの写真です。

①透明~やや黒い。糸状藻。枝分かれ。ホウキの様に展開。先端に胞子があるものも有り。
DSC02522.jpg
DSC02538.jpg


②透明。非常に太い。一本、あるいは写真の様に枝分かれする。節と節の間が太さの割には短い。
DSC02526.jpg


③緑色。この中では最も細い。一本。葉緑体と思われる、緑色の細胞内小器官が確認できる。
DSC02529.jpg


①の胞子の写真以外の3枚は同じ倍率(300倍)で撮ったものです。
(接眼レンズにデジタルカメラを押し当てて撮影したためピントのズレ等はご了承下さい。)

見ればわかると思いますが、明らかに特徴が異なっています。
①は、やや細い。枝毛のような状態。色は透明~やや黒い細胞小器官が確認できる。
②は、やたら太い。透明。節が細かい。色は透明。
③は、非常に細い。基本的に一本。緑色の細胞小器官(葉緑体?)を確認できる。

これら3種類は単体で居るときもありますが、いわゆる髭状になっている黒髭藻では混在していました。この結果から、我々が「黒髭藻」として認識している藻は、複数の藻の集団体である可能性が出てきました。

アクアリウムの常識として、黒髭藻は様々な形態を示すことが知られています。その多様性はこれら藻の存在比によって決定されるのではないでしょうか?

もちろん、主要な藻はあるのでしょう(多分①の藻が、紅藻と言われているやつだと思います・・・・が、実際に自分で見たのは初めてなので、なんとも)。ただ、様々な組み合わせによって色や形が変わり、それらがひとくくりに「黒髭藻は形が様々・・」といわれているのではないか?っと感じました。

事実、我が家のやや緑色ががった黒髭藻は③の緑の藻が多かったり、ちょっと太い黒髭藻は②の藻が多かったり・・・って状態。

個人的には
「この展開は予想していなかった・・・・ごくん」

って感じです(笑)。
正直、①の藻だけがモサモサ生えてるもんだと思っていたんで^^A


また、①か②(どちらなのかは曖昧)が着生している植物の表皮細胞が、明らかに肥大していることも観察されました。もしかしたら、一部の藻(?)は植物体の栄養を吸い取る=寄生しているのかもしれません。

更に藻が混在しているところを見ると、他感作用や共生(あるいは一方が寄生して)等により、より生長をしやすい環境を作っているのかもしれません。無論、既存の藻に胞子がくっついて、そこから増える。つまり物理的・確率的な要因で同時発生している可能性は否定できませんが・・・


はぁ・・・・考えたら限がないです。興味深く、しかも頭を悩ませるこの事実。
これらの藻の正体はなんなんでしょうね?試験終わったら本格的に調べてみようかな。

黒髭藻対策、奥深すぎです。
私は自然を単純に考えすぎていたのかもしれません。。。
もう少し視野を広げて対策を考えないといけないですね・・・(==)


追伸:藻にミジンコが引っかかってました(笑)。黒髭も、微生物にとっては家なんですね^^

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
ほほう。興味深い。。。っと思ったら、押してください^^
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
ぬぉ!Σ(・Д・ノ)ノ
遂に顕微鏡での観察記録が
しかも、黒髭の正体を暴いてるし
これには驚いた、おととも単一の物だと思っていたからね
さまざまな特徴を持つ複合体
これは厄介なわけだ
2008/07/01(火) 23:23 | URL | おとと #-[ 編集]
プレパラートって3回言える?
ストレナーのP-1スポンジが今、真っ赤です。
たまには退治しなきゃと思って食酢で真っ赤になった黒髭様。
頼みのエビたちがあまり積極的でないのが心配です。

そうか~藻類の複合体だったのですか。
水流が当たる所に出来る。
フィルターの水流が弱くなったら出来やすい。
相反するような特徴で表現される事がありますね、クロヒゲさん。
2008/07/02(水) 11:26 | URL | cheepappa #SQbl7Cak[ 編集]
どもども
>おとと様
形態の多様性の一端を見た!って感じですよね。まぁ、また機会を作って、より観察してみたいと思います。報告お待ち下さい(8月入ってからでしょうがw)

>cheepappa 様
プレパラート・プレパラート・フレハラト・・・・む、難しい(==)。

スポンジとかの黒髭に対する、酢作戦の有効性は間違いないです。時間がたてばより柔らかくなって、そのうちエビさんも食べてくれると思います。

そそ、色々な発生条件、形態は複合性からきていると思うんですよ。肉眼で黒く見えるのは①と②の藻なので、これらの比が重要なのかも。酢つながりだと、黒髭に酢をつけたときに、赤くなる時と白くなる時があるんですが、この辺の違いも構成比から来てるのかな?と予想してます。
藻の同定とか、そのうちやりたいものです。。。
2008/07/02(水) 12:46 | URL | 浩之 #x9c5GV3o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sagawa0312.blog94.fc2.com/tb.php/74-b5ed46b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。