水槽

水槽 に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日は、我が家の水槽に新しい仲間が来ました。

それは、コリドラス・パンダ × 5匹



のはずが、オマケも付いてきましたよ(笑


さっそくですが、パンダ達。
kori-090301.jpg
バケツに移し、馴化中の写真です。
かなり小さい固体なので、馴化は1~2時間位かけてゆっくり行いました。

ん~、私の眼力では性別判断が出来ないです。
右上の子は雌っぽいんだけど、よくわからん(--;
雄雌が混じるように「5匹」購入したのですが、性別に偏りがあったらへこむかも(苦笑。

馴化を終え、生き残りのパンダ先輩と新参者の写真♪(1+5=6匹)
kori-2-090301.jpg
先輩と比べると、サイズは半分程・・・・
パンダは比較的弱いコリドラスといわれているので、環境に慣れる前に★にならないか心配です。

とわいえ、私はコリドラス好きなので、ちびコリの群れを見てると ・・・悦( ´¬`) (笑。



そんなわけでコリパンダが仲間入りしたわけですが、今回オマケが付いてきました↓
tigyo.jpg
何かの稚魚×2匹 のようです。
思い出してみると同じ水槽に小さいのが泳いでたので、一緒に掬われて梱包されたと思われます。
何となくですが、プラティ っぽい体つきをしている気がしますが・・・・何しろ小さすぎて良く分かりません(=Δ=.)。
まぁ、育てる楽しみが増えて何よりです★


育てる楽しみといえば、今回もチェリーバルブの稚魚について。
こいつも大分育ってきたみたいで、今日は赤虫を頬張る姿が観察できました。
tyeri-.jpg
↑赤虫が巨大なわけじゃないですよ(笑。
小さいながら、力強いく生きているようですね。


さらにさらに、アルジー・ライムシュリンプの稚エビをようやく撮る事が出来ましたのでご紹介。
aruji.jpg
↑ナローリーフが巨大なわけじゃないですよ(笑。
こんな稚エビ達が、現在3匹確認されています。
一匹見つけたら100匹・・・とまでは言いませんが、実はかなり沢山居たりするのかなぁ(--;。
増えすぎたら里親探さねば(苦笑。



新しい仲間が増えてきて結構なことです。
でわ、今回は以上!


ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2月ももう少しですね^^。
農家アルバイトは今月で終え、来月は就職前のバカンスを楽しもうと思いますよ★
まぁ散財する金も無いので、ダラけるだけですが(苦笑。

さて。
世の中不景気で、今年の春闘は難しい情勢のようですね。
我が家の水槽でも労働条件の改善を求め、ストライキが起こっていますので、お伝えしたいと思います(ぇ?。

そのまえに、しばらく水槽の全景をご紹介していませんでしたね。
今はこうなってます↓
DSC03114.jpg

パット見、普通の光景ですね。
しかし!彼らは見えないところで抗議行動を行っているのです!!
まぁ、見えないところってのが可愛いのですが(ぇ


その現場は全景左側、↓こちらの石の裏にて行われているのです。
DSC03119.jpg

そう・・

彼らは今まで頑張ってきました。

遠方より派遣され。もっとも過酷で重要な任務を果たしてくれていた彼ら。

それが今では・・・・・・・・・・・・
DSC03107.jpg
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃ・・・・・


そうです!
ストライキをしているのはヤマトヌマエビ!
水槽全体で30匹近く居るヤマトですが、写真に写ってるだけで20匹以上がここに集結。
あんたら、こんなところに集まって何やってるんですか(--;。

このところ姿が見えないと思ったら、一日の大半はこちらでストを行っているようです。
暗い間くらいは仕事してくれているのでしょうか・・・
或いは、せめて管理職の人は働いているのでしょうか・・・(ちが。
まぁ、アオミドロとか特に目立った発生をしていないので、問題は無いんですけどね。。。。
でも、見えないところだけ掃除してるのはどうかと思う(涙。


あとね。

正直。。

これだけ集まると気持ち悪い(==;;;;;


どうしたら普通に働いてくれるのでしょうか(悩。



っと、ここで終わると何なんで、最後に癒し写真を貼って今日はおしまい。
パンダの正面写真
DSC03102.jpg
相変わらずピンボケだけど、模様がはっきりしてきたチェリーバルブの稚魚さん
DSC03098.jpg

でわまた~


ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

[RSS] [Admin] [NewEntry]

春っぽい日々が続いたと思ったら、最近は寒いですね。
そんなわけでこんにちわ。
今冬2回目の風邪引きしている私ですorz

以前書きましたが、現在(ほぼ)毎日20L水換え&ハイポ1mlを続けています。
テトラ6in1の簡易水質チェックですが、

NO3 25~50mg/l
NO2 未検知
GH 0~4°dH
KH 0~3°dH  
pH 6以下
Cl 未検知

って感じです。
思ったより硝酸(NO3)の濃度が高濃度で推移していますね(--;。
ハイポだけの計算だと、硝酸(NO3)濃度が4mg/lになるはずですから・・・
ソイルからの染み出しや餌、排泄物由来の硝酸(NO3)が結構多いのかもしれません。
もう少しハイポの量を減らそうかな?とか思っていました・・・




が!
ナナが窒素欠乏の症状を示し始めました(ぇー
DSC03095.jpg
画面中央、葉に穴が開いているのが分かると思います。
こういうのが各所に出来始めました。
無論、通常でも古い葉はこのように分解・転流されていきます。
しかし、今回のこれは進行が早く、窒素欠乏の前兆の様に感じられます。

ぇ?

っと思われる方が多いのではないでしょうか?
私は先ほど「NO3の蓄積が見られる」っと言ってたのに、ナナが窒素欠乏とは矛盾するように思われるかもしれません。私自身、情報不足で確証が無いので断言出来ないのですが・・・

ナナって硝酸(NO3)を吸収出来ないのではなかろうか・・・(--;
とか、考えました。

↑これについて、
「窒素の吸収形態の違い」に着目しつつ書いていきたいと思います。

地上植物の多くは、窒素の吸収を硝酸(NO3)の形で好んで吸収します(=好硝酸性)。一方、一部の地上植物と稲などの半水生植物、そして水生植物は、窒素源としてアンモニアを好んで吸収することが知られています(=好アンモニア性)。

これは、地上では細菌の働きによりアンモニア(NH4)は比較的速やかに硝酸(NO3)にされます。一方、湿地帯では嫌気的になりやすいため細菌が働けず、アンモニア(NH4)の状態でとどまり易い傾向にあります。
よって、地上の植物は好硝酸性。水中の植物は好アルカリ性として進化してきたと考えられます。

稲で行われた実験において、窒素源を「硝酸だけ」と「アンモニアだけ」の2区画で比較実験をしたところ、「アンモニアだけ」与えた方が、「硝酸だけ」より約20%生長が促進されたという結果が得られています。つまり、好アンモニア性植物でも硝酸だけで育てることが出来るということです。
よって、水草も稲と同じように好アンモニア植物だが硝酸を吸収することで生長することも出来ると考えました。

これらの情報を元に、アンモニアを施肥すると生体が★になるなどして危険なので、私は硝酸を含んだ肥料を積極的に用いてきました。




しかし、
今回改めて調べてみると、気になる実験結果を見つけました。
低湿地に生息するクランベリーという植物の場合、窒素源として硝酸のみを与えると窒素欠乏が起こる。つまりアンモニアが無いと育つことが出来ないと言うのです。
私はこのような植物が居ることを知らなかったので驚きました。
このことから、アクアリウムに用いている水草においても、アンモニアが無いと生長することが出来ない種もあるのかもしれません。


ここで、ピン!ときました。
今回、硝酸(NO3)が十分にあるにも関わらずナナが窒素欠乏の症状を示したのは、
「ナナは硝酸を(殆ど?)吸収できない好アンモニア性植物だから!」



とか考えたんですが、どうなんでしょう?
でも、ナナって水上葉化出来るんですよね。。。正直微妙な考え。


これまでに「硝酸(NO3)は十分あるのに窒素欠乏を示す」って事があったので、アンモニアしか(殆ど?)吸収できない水草があると考えると矛盾が無いかな~??とか思うんですが・・・・情報量不足なんですよねぇ。
水換えの過程で「何か」が欠乏し、結果的に窒素代謝に以上が見られるのは確かだと思うのですが。。。
正直、決め手にかけます ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

読まれた方、どのように思われますか?ご意見・情報お待ちしております。


ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

[RSS] [Admin] [NewEntry]

親がパッションオレンジ色の車を買うそうです。
ディーラーの人がそのオーダーを聞いた瞬間、思わず固まる程に我が県では出ない色らしい。見積もり出すときに、2回聞き直してたし(苦笑。
まぁありきたりの白や黒よりはマシだけど、目立ちすぎでないか?親父殿(=Δ=.)

そんなわけでこんちわ。
昼間は親のお供でディーラーに行ってきた私です。


話しをAQUAに戻しますが、本日チェリーバルブの稚魚を発見しました
自家繁殖6匹目の稚魚発見です。
小さすぎてピントが合わなかったのが残念↓
DSC03088.jpg

相変わらず何食って育っているのかわかりませんが、色的にメス♀かな?
だとすると、チェリーバルブの自家繁殖暦はオス♂が2匹メス♀が4匹となります。

チェリーバルブは自家繁殖しやすいといいますが、本当に増えていきますねぇf(^^;。
そろそろ遺伝子が濃くなりそうだから、新たにチェリーバルブを買ってきてやった方がいいのかなぁ??とか考えてしまいます。

一方、我が家のもう一つ主力 ラミーノーズ はたま~に産卵をしているものの、一向に増える気配が無い。。。餌とかで促進できないんですかねぇ。コリドラスパンダは”イトミミズ”が繁殖行動を促すと何かで読んだことがあるのですが・・・(-_-)ウーム。


とりあえず、今回の稚魚も無事育て!
っと、願ってます★


ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今!下から目線が流行中!!



って、単に水槽を下から覗き込むのがMYブームなだけですよ(笑。
そんなわけで、こんばんわ。連休なので、珍しく連日のブログ更新と相成りました(^^A。

話しを戻しますが、水槽をしたから覗くと水面に水草が写って綺麗ですよね。正面から見るより立体感が感じれますし★
我が家の水槽は、椅子から眺めて丁度良い高さにセットしてあるので、床に座って見ると見上げる感じになります。こんな感じ↓
DSC03033-1.jpg 
以前お話ししましたが、流木を追加&組みなおして立体感UPって感じです。
やっぱり、流木は上に突き出したほうが良いですねぇ。イキイキしてます(何。

一方、正面だとノッペリしてしまう(==)。
DSC03070-1.jpg
レイアウトは難しい。。。orz

「ブリクサ以外の有茎種を使わない」ルールを自分に科してるとわいえ、新しく植えたクリプトとかが成長したとき、どれだけジャングルになるやら。



とか考えながら、今日もハイポ入り20L水換えをする私でした。
でわまた~


ランキングに参加中。↓押していただければ幸いです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。