に関する記事です。コメント大歓迎♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

黒髭とリン酸について、半日ほど調べてみました・・・が、
関係あるような関係ないような・・・って微妙な感じ(苦笑。

半日の成果。その経緯を報告しておきます。


1 海水において
海水水槽において、「リン酸が増えると紅藻が増える。」と、多くのAQUAメーカーや愛好家が言っています。それはどのような理屈からでしょうか?ちょっと調べてみました。

海水はリン酸塩が低濃度にに推移している一方、他の必須元素は比較的高濃度で存在しているため、リン酸濃度が植物や藻の生長の制限因子として働いているようです。

一言で海って言っても色々な水質データがあり、リン酸濃度がハッキリしません。一般的な海水濃度は0.1~3μM。AQUAメーカーのレッドシー曰く、海水水槽におけるリン酸濃度0.15μM以下を推奨しているため、この辺のリン酸濃度が珊瑚が生育しやすい環境なのだろうと思います。

よって、短期的にリン酸濃度が上昇した場合、繁殖力が強い藻類が爆増し、赤潮の様な現象を引き起こすと考えられます。

とわいえ、藻の中でも「紅藻」が特別発生するという具体的なデータはありませんでした。つまり、自然の海の養分+リン酸増加があれば、紅藻に限らず大抵の藻は非常に増殖しやすい環境のように感じます。


しかしながら、メーカーや愛好家が 「リン酸濃度上昇=紅藻増殖」 と言っている以上、何か関係があるのではないか?と思い、仮説をたててみました。
①食害の差
淡水で良く知られているように、紅藻(=黒髭藻)を食べる生体は少ないようです。海水における藻の捕食者が何かは分かりませんが、他の藻と比べ食害に遭い難く、結果的に増えやすいように見えている可能性が考えられます。

②ルビスコ(リブロース1,5-二リン酸カルボキシラーゼ)
以前、紅藻の特徴として紹介した、ルビスコ(リブロース1,5-二リン酸カルボキシラーゼ)の存在です。
紅藻類が有するルビスコは、他の植物に比べて非常に効率よくCO2固定が可能(=効率よく光合成が可能)でです。
海水水槽では淡水と比べてCO2濃度が低く、水草水槽のようにCO2添加はしません(pHが下がって、珊瑚が溶けますし)。よって、リン酸濃度上昇&CO2低濃度の環境であれば、紅藻が他の藻より効率よく光合成が出来ると考えられます。

まとめ1
a 本来、海水においてリン酸は低濃度で推移している。よってリン酸は植物の生長における制御因子となっている。
b 海水におけるリン酸濃度が上昇することにより、植物&藻の発生は促進される。
c 捕食者の不在 又は 光合成効率の違いにより、結果的に紅藻が目立って増加する可能性がある。

って感じではないかと思います。
ん~、リン酸そのものが重要って訳じゃなく、結局養分バランスの問題なのかなぁ・・・




2 淡水において
肝心の、淡水におけるリン酸と紅藻増殖の関係はどうなんでしょうか?

河川によってリン酸濃度は大きく異なりますが、珊瑚が住む海水(0.15μM以下)より高い濃度で推移しています
例えば下の図のアマゾン川 0.4μM は、珊瑚が住む海水(0.15μM以下)の3倍~って感じです。
npk_um.jpg

自然の河でこの濃度なので、水槽だともっと高濃度になっているかもしれません。
AQUAメーカーのレッドシー曰く、淡水水槽におけるリン酸濃度は3μM 以下といっているので、海水の推奨濃度0.15μMと比べると20倍の開きがあります。

これらから察するに、海水に比べ淡水のリン酸濃度は高く、リン酸以外の元素が生長の抑制因子として働いていると予想されます。


とわいえ、各水槽の環境・水質次第で話しは変わってくるでしょう。

つまり、リン酸濃度が低く、リン酸が植物や藻の制御因子となっている場合、リン酸濃度が上昇することによって藻発生する可能性が高いと考えられます。
しかし、黒髭藻(=紅藻)が特別増えやすいかどうかは光条件やCO2条件、捕食者の有無など、他の環境による淘汰の結果だと思います。

一方、水草が十分育ち、光・CO2濃度・養分濃度が適切な環境において、リン酸のみ過剰にしても、紅藻が特別増えることは無いのではないか?と思います。

まとめ2
a 淡水におけるリン酸濃度は海水の~十数倍高いのが普通であり、リン酸が植物・藻の生長の抑制因子になっていない可能性が高い。
b 環境(光・CO2・養分)のバランスがよく、リン酸が生長の制御因子で無い場合、リン酸のみ高濃度になっても、藻が生えることな無い可能性がある。

砕いて言うと、淡水の場合、何が生長の制御因子になってるかが問題。制御因子がリン酸だったら、リン酸の濃度が上昇すると藻が増えるかも・・・て感じですね。

でも、これでは紅藻が特別増える理由にはなりません。
海水と同じようにリン酸そのものではなく、捕食者の有無や光合成効率が直接的な要因かもしれません。



3 そうは言うものの・・・
まとめたようで・・・以上の考えを、すべてひっくり返す考えもあったりします。

生物種によって、生長→繁殖の過程で必要な養分の比率が違うことが考えられます。
もしかしたら、紅藻は他の植物や藻より、リン酸の要求量が多い反面、他の元素の要求量が少ないのかもしれません。
よって、他の植物や藻が生長→繁殖出来ない(又は しにくい)養分バランスでも、リン酸さえ十分にあれば紅藻は生長→繁殖することが可能。それゆえに、リン酸が多いと紅藻類が増えやすい・・・・のかもしれません。

これに関しては紅藻と他の藻の構成要素の違いや、養分吸収特性を見比べたデータがあれば良いのかもしれませんが、見つかりませんでした。。。。



以上。

まとまらない文でした。はい、わかってます(^^A。

正直分からなかったんですよ。
最後の「3 そうは言うものの」のデータが分からないと、何とも言えませんね。

冒頭に書いたように、紅藻の発生とリン酸濃度は、関係あるような関係ないような・・・って感じなわけです。


半日程度の調べなので、これが真実であるかは分かりませんし、私の考えも変化するかもしれません。ご了承下さい。


最後に

最後まで読んでくれた人、本当にありがとう。
読みにくくてごめんなさい。

私も目と手が疲れましたよ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

デジカメが見つかったので、写真をUP。

DSC03270.jpg

調子を崩して痛んだ葉を、荒々切り取りました。特にミクロソリウム系。
葉が痛むと黒髭付きやすくなりますしね。

黒髭が付いていた葉を大体取り除き、黒髭が生えたソイルを吸出し、黒髭が生えた流木は木酢処理し、ポンプの給・排水口を塩素消毒しました。今は再発したところから、随時除去している所です。
まぁこれで、大発生の可能性は潰しきれたと考えていますよ。


また、ハイポ増量計画の影響か、新芽の調子は良いようです。
2日連続ハイポ増量水換え(ハイポ増量=ハイポ観葉植物2ml+ハイポ活力液3ml/20L水換え)をすると、流石に斑点藻の増加が見られました。
そんなわけで、今の水槽の環境にはハイポ観葉植物用「2~3ml/週」程度が妥当かな?と思っています。

水質で気になる点としては、テトラ6in1の測定によるとGHがほぼ0。かなり軟水になっているようです。前は3°dH位あったはずですが・・・
活力液の増量で対応できたりしませんかねぇ?近いうちに予備実験をしてみようと思います。



写真に写りませんが、左奥に植えてある「クリプトコロネ バランサエ」の生長が思ったより遅く、あいかわらず左奥が空いた感じになってます。まぁ夏には伸びて、秋には対応に困っているかもしれません(笑。

まぁ、近状はこんな感じです。
他にもお知らせはありますが、今回はこの辺で。ノシ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お久しぶりです。
仕事が忙しく、更新しないで2ヶ月ほどたってしまいました。
今はモモとかブドウとか育てて、研究する仕事してます(笑。


4月の間は本気で水槽放置気味だったので、CO2が空(><)になっているのに気づかず、数週間CO2無添加の状態を続けてしまいました。おかげで水草が全体的にグレた感じに・・・。肥料分も欠乏気味になる時期と重なったようで、かなりダメージが・・・。

具体的には、
グロッソやクリプト、アマゾンソードの葉が一部溶けてました。これは窒素欠乏で転流が進んだからかな?
また、ミクロソリウムの葉はサビの様に見える、飛び飛びに黒く枯死?する症状が。Zn欠乏かな?Mn過剰の可能性も・・・??
って感じです。

施肥に関しては、以前は20Lの水換えに対し「ハイポ 観葉植物用」を1mlで十分だったのが、今では2~3ml入れても意向にコケる気配がありません(週1回、20L水換え)。ソイルの養分が大分減ったのだろうと思います。
また、ミクロソリウムの葉の症状が気になるので微量要素を意識し、水換え時に「ハイポ 観葉植物用」2mlに加え、「ハイポ 活力液」を2ml追加してみてます。症状が改善されるか、1月程増量お試し期間って感じです。
欠乏症ではなく過剰症の場合は逆効果ですが、放置の結果から発生したということで、欠乏症の可能性を優先しました。

そんなこんなで、5月はやや手を入れたので、少しづつ復活の兆しが見えていますよ。


一方、黒髭さんがまた現れ始めたので、悪・即・斬(=早期除去)を徹底するように心がけています。
葉は切るなどして取り除き、流木は木酢液、ポンプの給排水口は定期的に塩素殺菌って感じです。

この中でも、個人的にはポンプの給排水口の塩素(ハイター)殺菌がかなり効果的だと考えています。逆に言うと、給排水口に黒髭が発生すると致命的に増えるので、かなり気を使ってます。
具体的には、黒髭らしき姿が見えたら(月1くらいかな?)給排水口を取り外して塩素漬け、その後十分に水洗いし、市販の塩素除去液で処理してから水槽に戻す感じです。

水槽の管理に塩素を使うのを躊躇う方が多いと思いますが、プラスチック製品など、塩素が染みこまないものに対しては、有効なツールだと思いますよ。
逆に、流木など塩素が染みこむものには塩素処理をしてはいけませんよ。多分、かなりリスキーです。

まぁ、そんな感じです。
デジカメが見当たらないので、写真無しですみません。
でわまたー。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

唐突ですが、明日からちょっとグアムまで行ってきます(笑

今まで海外に行ったことが無い私+弟 の為に、家族で行くことになっていたのです。
今月色々行った就職前旅行の〆は海外となったわけでして(^^A。

まぁ父親に臨時収入が入ったとかで、羽振りが良いようなのですよ。。。車買ったし(--;。



そうそう!車といえば、
例のパッションオレンジな車、昨日届きました。

唐突にブログを書いているので写真がないのですが、購入した車は・・・

三菱  ギャラン フォルティス スポーツバック

メーカーの車種紹介HP


CM

写真より、CMの方が印象が近いかなー
そんなわけで、オレンジですが普通に日本車でしたー(笑。


ちなみに、と乗った感じの印象ですが・・・
まず、思ったよりでかいw
早く間隔慣れしないと(--;

あと、ハッチバックの車に乗るのが始めてということもあり、後方の視認性はやや悪いかも。
とわいえ、バックモニターあるので駐車は問題ないですよ。

足はタイヤサイズが 215/45R18 で、ADVANをはいてる割にやわらかい印象でしたね。ガチガチスポーツより、こっちの方が良いですわ。うん。


とりあえず明日グアムに行くために、早朝に名古屋までこの車で行くので、それで慣れます(笑
事故らないように祈っててくださいね♪

でわ、旅行行く準備しますかねぇ。。。ノシ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前回濾過槽を掃除して2ヶ月程。
そろそろ濾過槽に”黒い何か”が溜まってきても良い頃だよなぁ~
とか考えてたんですが、一向に溜まらない。

なんで(?_?)

とか考えてたんです。

そこで、今日何の気無しに濾過ことエーハイム500の底(水が入ってくる側)を覗いてみると・・・


ぐ~る ぐ~る ぐ~る

と暗がりの中で回るものがチラホラ。

目を凝らしてみてみると、フィルター下部の空間に
チェリーバルブの稚魚×1
アルジーライムシュリンプの稚エビ×5、6匹

良く生きてたな(^^;;;)

っと思いつつも、救出作戦開始!


急遽フィルターを止めて、エーハイムの蓋を開けたところ・・・
フィルター上部にも稚エビが複数匹(=Δ=)


結局、20匹近くの稚エビがエーハイム500の濾材の隙間に居たようです。
あ、ちなみにチェリーバルブの稚魚は流石に1匹だけでした。


行動を観察してみると、濾材と濾材の小さい隙間を稚エビが行き来しているようです。
そこから予想するに、通常なら濾過槽に溜まるはずの”黒い何か”は稚エビに食べられていたのではないかと・・・・。
最近のエアコンには自動清掃機能が付いているようですが、稚エビは濾過槽の自動清掃機能みたいに働いていたんですね。

暗がりの中、お掃除ご苦労様です(苦笑。



ちなみに、今回捕獲されたチェリー&稚エビは、水槽内に戻しました。
まぁ、、、また吸い込まれたら、、、、、、、、しばらくは放置です(ぇー
DSC03217-1.jpg


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。